MENU

自転車を処分する3つの方法って?楽に処分するなら不用品回収がおすすめ

2020 7/01

こんにちは。
奈良を拠点とする不用品回収の関西エコミラクルです。

自転車の処分方法について、お悩みの方は多いのではないでしょうか。
高額なロードバイクや状態のいい自転車であれば値がつくケースがあるため、リサイクルショップの利用がおすすめです。
しかし、使い古した自転車には値がつきにくく、ご自宅に放置されているケースも多いでしょう。

今日は、そんな「自転車を処分する方法」について解説していきます。

目次

自転車を処分する方法

自転車を処分するためには、以下の3つの方法があります。

  1. リサイクルショップや下取りに出す
  2. 自治体に回収してもらう
  3. 不用品回収業者に処分してもらう

それぞれの方法について、詳しくみていきましょう。

自転車を処分する方法① リサイクルショップや下取りに出す

自転車販売店やリサイクルショプでは、不要になった自転車を買い取ってくれることがあります。
自転車販売店で下取りをしてもらえる場合はそこまで厳しくありませんが、リサイクルショップは買取基準がかなり厳しいので注意しましょう。
パンクや異音、ライトがつかないなどの不具合があると買取不可となる場合が多いです。

下取りやリサイクルショップで処分する場合、自転車の防犯登録の解除や持ち込みをご自身で行う必要があります。
そのため、忙しい人や簡単に自転車を処分したい方にはおすすめできません。

自転車を処分する方法② 自治体に回収してもらう

自転車は、自治体に回収を依頼することも可能です。
処分方法は簡単で、自治体に連絡して決められた日時に、指定された場所まで自転車を運ぶだけです。

この方法は費用が安く済みますが、ご自身で防犯登録の解除をして自転車を運ぶ手間があります。
日時指定や自転車の搬入が難しい場合には向かない方法だと言えるでしょう。

自転車を処分する方法③ 不用品回収業者に処分してもらう

不用品回収業者でも、自転車の処分は可能です。
自治体よりも料金がかかってしまいますが、希望日時に自宅まで自転車を回収しに来てくれるというメリットがあります。

また、面倒な防犯登録の解除を代行してくれる業者も中にはあります。
時間と手間を最小限に抑えて自転車を処分したいのであれば、不用品回収業者への依頼がおすすめです。

自転車の処分は不用品回収業者 関西エコミラクルへ

関西エコミラクルでは、自転車だけでなく他の不用品も併せて回収可能です。
弊社ではもちろん、回収の際は自転車が置いてある場所までお伺いさせていただきます。

事前にお電話でお伝えいただけましたら、防犯登録解除の手続きのお手伝いや引取証明書の発行も可能です。

お店や駐車場などを経営している方や、空き地の私有地に自転車が捨てられて困っている方は、お気軽にご相談くださいね。

この記事を書いた人

関西エコミラクル 不用品回収・遺品整理・清掃

地域密着・奈良県で不用品回収や遺品整理などをおこなう10年目の会社です。軽トラ積み放題プランや、パワーゲート搭載車による大型不用品の回収もお任せください。

目次
閉じる