奈良の不用品回収・買取

不用品の処分、片付け、回収はもちろん、不用品買取やお片付け、または寄付など、
不用品に関することなら、奈良の不用品買取業、関西エコミラクルまでお気軽にお問い合わせください。

  • HOME
  • 不用品回収・不用品買取

不用品回収・不用品買取なら奈良の関西エコミラクルにお任せください

不用品の回収や処分、引き取り作業、お片付けは、私たちの得意分野です。
不要になった品も、不用な品も、無料での回収はもちろん、モノによっては買取をさせていただくことも可能です。
また、回収や買取だけでなく、寄付をされたい場合の受け入れ先として、弊社を経由してエコへの貢献をすることもお任せください。

弊社に不用品回収をご依頼いただく際に、室内や倉庫・事務所を事前に掃除していただく必要はございません

弊社に回収してほしい不用品をある程度まとめていただければ、スムーズに作業に取り掛かることができます。
しかし、回収してもらうつもりでまとめたけど、法律の関係で回収してもらえなかったといった、いわゆる「二度手間」になってしまうケースもございます。

詳しくはコチラ

不用品回収と一緒にハウスクリーニングも承っております

不用品を業者に回収してもらうために、不要なものと必要なものを仕分けしていただく必要がございます。
その仕分け作業は考えているよりも重労働で、不用品回収を終えた後はぐったりと疲れてしまうというお客様が多くいらっしゃいます。
不用品回収後は、そこから室内や倉庫・事務所の掃除をしなければなりませんが、疲れてなかなか手が回らないというケースが多く、この場合には不用品回収と併せてハウスクリーニングを弊社では承っております。

詳しくはコチラ

不用品の最適な利用方法をご提案いたします

ヨーガの行法である「断行」「捨行」「離行」がルーツとなっている「断捨離」という言葉は、2010年に流行語大賞にノミネートされたこともあり、多くの方に知られる言葉です。
「不用品がたくさんある、でももったいなくて捨てられない」「思い出の品が多くて処分できない」というお悩みを抱えているお客様は非常に多くいらっしゃいます。
弊社ではただ不用品を処分するだけの断捨離ではなく、「リデュース」「リユース」「リサイクル」の3Rによって、不用品に感謝を込めながら、最適な再利用方法をご提案いたします。

詳しくはコチラ

不用品を安く処分する方法があります

引っ越し先の新居や事務所などに、現在使っている家具や家電のサイズが合わないことは良くあることで、引っ越しを機会に処分してしまいたいとお考えのお客様からご依頼をいただくことがございます。
傷や損傷が激しい家具や家電は専門業者に依頼して処分するしかありませんが、まだ使用できる不用品や、状態の良い不用品の場合、処分費用を安くすることが可能です。

詳しくはコチラ

自治体と専門業者のどちらに頼めば安く不用品を処分できるの?

食器棚やテレビボードなど、大掃除や引っ越しの時などに出た粗大ごみは、なるべく安く処分したいとお考えの方が多いのではないでしょうか。
不用品の処分には、弊社のような不用品専門業者に依頼する場合と、自治体が行う不用品回収を利用する場合の2つがあります。
どちらにもメリットデメリットが存在しており、ご自身に合った処分方法を選ぶことができます。
ではどちらを選べば、安く不用品を処分することができるのでしょうか。

詳しくはコチラ

重たい不用品は専門業者と自治体の不用品回収のどちらに依頼をすれば良いの?

ベッドは最大15年、マットレスは10年が寿命と言われています。
ベッドからギシギシと音がしたり、マットレスが体に合わなくなってきたといった症状があれば処分時です。
大きくて重たいベッドやマットレスの処分は個人で行うには難しく、特に女性や高齢の方には大きな負担となります。
ベッドやマットレスも不用品回収業者と自治体の不用品回収から処分方法を選ぶことができますが、重たい不用品はどちらを選べばストレスなく処分することができるのでしょうか。

詳しくはコチラ

自転車は不用品回収業者と自治体の不用品回収のどちらで処分すればいいの?

電動アシスト自転車やロードバイクなど高価な自転車の場合、処分する時にネットオークションやリユースショップなどで売ると高く売ることができる場合があります。
しかし購入から数年経過している自転車や、空気が抜けている、フレームに傷や歪みがある自転車の場合は売ることが難しく、値が付かないことも珍しくありません。
この場合処分することになるのですが、自治体と不用品回収業者のどちらを選べば良いのでしょうか。

詳しくはコチラ

繁忙期を避けて不用品回収業者に依頼するには

「不用品の処分にはあまりお金をかけたくない」とお考えの方が多いのではないでしょうか。
また、不用品をいつまでも自宅や倉庫・オフィスに置いておきたくないと感じている方が多く、大掃除や引っ越しをする日に回収してほしいとのご要望をよくお受けいたします。
処分費用を安くして希望日に回収してもらうには、不用品回収業者が忙しくない「閑散期」に依頼するのがポイントです。
では、不用品回収業者が忙しく料金が割高となる繁忙期と、料金が安く希望日が通りやすい閑散期はいつなのでしょうか。

詳しくはコチラ

空き家になった実家の不用品処分と掃除、どうしよう

空き家件数が増加している現代において、ご両親が老人ホームに入居するなどの理由で、突然ご実家が空き家になるケースは珍しいことではありません。
空き家になった際は売却するか、リフォームをして自分で住むという選択をされる方が多いですが、どちらの場合も不用品の処分と掃除が必要です。
しかし長い年月過ごした実家には、家族の思い出の品が多く眠っていることが多く、自治体の不用品回収では規定量を超えてしまうので取り扱ってもらえない場合があります。
この場合、弊社で不用品回収とハウスクリーニングのご相談をお受けいたします。

詳しくはコチラ

農機具の処分にお困りの方へ

農機具は「適正処理困難物」に指定されているので、自治体の不用品回収を利用することができません。
さらに農業は事業であるため、事業で出た産業廃棄物は自力で処分しなければならないという法律があります。
そのため農機具の処分にお困りの方が多く、倉庫や自宅に農機具が何年も眠ったままということも珍しくありません。
弊社では、これら農機具の処分に関するご相談をお受けしております。

詳しくはコチラ

不用品回収にも詰め放題プランがございます

スーパーで行われる「野菜詰め放題100円」のように、不用品回収には「軽トラック載せ放題」という定額プランがございます。
引っ越しや大掃除、空き家になった実家の不用品処分などで、一つずつ処分するには多すぎる大量の不用品回収には、弊社の軽トラック詰め放題がおすすめです。
軽トラックには約280kgの不用品を載せることができますが、それ以上の不用品には1.5t車や2t車ロング車など、多種多様な車による詰め放題プランをご提案しております。

詳しくはコチラ

お客様からよくあるご質問

弊社に不用品回収を始め、ハウスクリーニングや買取査定などのご依頼を検討されている方へ向けて、弊社にお客様からよくあるご質問をまとめたページをご案内しております。

  • 奈良県内のどこまで対応してもらえるの?
  • 仕事が終わった後の夜間でも対応してくれるの?
  • 不用品が少ししかないのだけれど、対応してもらえるの?

といったご質問にお答えしております。

詳しくはコチラ

家電リサイクル法と、家電4品目の正しい処分方法

家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)は、エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機などの特定家庭用機器廃棄物から、有用な部品や材料をリサイクルし、廃棄物を減らすとともに、資源の有効利用を推進するための法律です。
ただし、この法律には「業務用として販売されている機器や器具は対象とはなりません。
この法律の詳細は、Wikipediaの「家電リサイクル法」のページをご覧ください。

カンタンにご説明すると、対象となる廃棄物は、下記の「家電4品目」と呼ばれるものです。
●エアコン
●テレビ
●冷蔵庫・冷凍庫(業務用は対象外)
●洗濯機・衣類乾燥機
※ すべて、業務用として製造・販売されている製品は対象外となります。
※ 年式によっては買取や無料引取も可能です。

詳しくはコチラ

不用品回収・不用品買取の対象品目

家電

リサイクル家電(冷蔵庫、洗濯機、衣類乾燥機、テレビ、エアコン、パソコン)、照明器具、ゲーム機、コンポ、ラジカセ、オーディオアンプ、ビデオデッキ、DVDプレイヤー、DVD・HDレコーダー、プロジェクター、掃除機、空気清浄機、除湿機、加湿器、扇風機、ストーブ、こたつ、電気カーペット、ファンヒーター、カメラ、ビデオカメラ、電子レンジ、オーブンレンジ、炊飯器、給湯器、電気ポット、電動ミシン、台所コンロ、など

家具

タンス、キャビネット、本棚、キッチン家具、机、椅子、下駄箱、ソファー、ダイニングテーブル、衣装ドレッサー、鏡台、洗面台、流し台、窓、サッシ、網戸、仏壇、など

オフィス・店舗

オフィス用デスク、チェアー、書類棚、ロッカー、厨房器具、パソコン本体、パソコン液晶モニタ、プリンター、スキャナー、複合コピー機、電話機、FAX、自動販売機、など

自動車・二輪車・農業機械

自動車、自転車、バイク(原付・小型・中型・大型)、自動車部品(カーナビ・ステレオ・アルミホイール等)、発電機、耕運機、草刈り機、トラクター、など

その他

割れ物、陶器、衣服、着物、書籍、マンガ、雑誌、段ボール、文房具、エレキギター、エレキベース、CD、おもちゃ、人形、健康器具、マッサージチェア、粗大ごみ、不燃ごみ、可燃ごみ、資源化ごみ、など

上記以外のお品でも、まずはお気軽にお問い合わせください。

弊社に不用品回収を依頼する際は事前の片づけは不要です

その不用品は売れるかも? 不用品買取

不用品がお家やオフィスにある場合、捨てる前に一度弊社にお問い合わせしてみませんか?
ご自身では、もう必要のなくなったモノでも、それがお金になるかもしれません。
また、仮に価値のないモノだった場合でも、弊社をお呼びいただければ、お片付けやお掃除をさせていただくことも可能です。

不用品回収や不用品買取の際には、お部屋のお片づけや整理が終わったあとに、15分間の無料清掃サービスもご用意しております。
ぜひ、弊社ならではの本サービスをご利用ください。

本格的なホームクリーニングも承っております。
ご要望の際は、スタッフまでお知らせください。

知っておこう! 3Rとは(スリーアール、さんアール)

3Rとは、以下の3つの語のイニシャルをとった言葉です。
環境の配慮に関する考え方のことを指しており、上位のものほど優先して務め、廃棄物の削減をおこなうのが良いという指針を示しています。
日本では、2000年(平成12年)に「循環型社会形成推進基本法」において「3R」の考え方が導入されました。

Reduce(リデュース)

減らす。
つまり、ゴミの発生そのものを減らすということです。

Reuse(リユース)

繰り返し使う。
つまり、使えるものは再使用するということです。

Recycle(リサイクル)

再資源化する。
つまり、ゴミを再生利用するということです。

先で述べたとおり、まずはゴミを減らすこと。
そして、まだ使えるものなら再使用し、ゴミとなってしまったものでも、再生して利用するのが良いということです。
ただし、リサイクルに関しては、個別の法が定めらており、下記の注意も必要です。

回収や処分代行をお受けできないモノ

不用品回収業の私たちでも、回収することができないモノがあります。
常識的な範囲のものは、ここではあえて書きませんが、うっかり回収してもらえると勘違いされることの多いモノをお知らせします。

●食品類
●医療器具類
●スプレー缶や塗料など
●産業廃棄物
●盗品・またはその疑いのあるモノ

これらの品は、それぞれの法や自治体のルールに従って処理してください。

不用品回収・買取の対応エリア

奈良県

奈良市 | 大和高田市 | 大和郡山市 | 天理市 | 橿原市 | 桜井市 | 五條市 | 御所市 | 生駒市 | 香芝市 | 葛城市 | 宇陀市 | 山添村 | 平群町 | 三郷町 | 斑鳩町 | 安堵町 | 川西町 | 三宅町 | 田原本町 | 曽爾村 | 御杖村 | 高取町 | 明日香村 | 上牧町 | 王寺町 | 広陵町 | 河合町 | 吉野町 | 大淀町 | 下市町 | 黒滝村 | 天川村 | 野迫川村 | 十津川村 | 下北山村 | 上北山村 | 川上村 | 東吉野村

奈良県内はすべての地域で対応しております。
大阪府東部や京都府南部でも、まずはお気軽にご相談ください。

不用品回収や不用品買取なら、他社とじっくり比較して最後にお問い合わせください

今すぐ不用品回収や買取業者をお探しであっても、そのサービス内容は会社によって実は違うものです。
弊社は、商号が示すとおり、エコを通じた奇跡を創り出すことを目的に会社を運営しております。

この業界の悪癖として、やはり不法投棄の問題があることはご存知かもしれません。
不法投棄案件は、お客様まで「加担」という形で罰せらるケースもあるため業者選びは慎重におこなうべきです。

また、ホームページやチラシなどの誇大広告も問題のひとつです。
無料回収と書いていて引取が終わったあとに「急に料金を請求される」いったケースなども時々耳にします。

もちろんお電話やメールでお問い合わせいただいた際に、事前にお聞きしていなかったものが含まれていたり、法律で無料回収できない決まりのがあるものも存在します。

しかし弊社では、そのようなトラブルが起きないよう、必ずお問い合わせの際にヒアリングをしっかりとおこない、現場でお客様にご心配をかけることのないよう、十分な配慮をもって日々業務にあたっております。

遺品整理士の資格を持ち、長年の経験と実績を持つ弊社だからこそ、できることがあります。
また、弊社で処分させていただく不用品は、出来得る限りリサイクル利用や、被災地支援などの救援物資として活用してまいります。

どうか皆さまのご協力をよろしくお願い申し上げます。

お電話でのお問い合わせはこちら