MENU

遺品整理を始める適切なタイミングって?ケース別に解説

2020 7/01

こんにちは。
奈良を拠点とする不用品回収・遺品整理の関西エコミラクルです。

ご家族が亡くなられた後に行う遺品整理は、心身ともに負担が大きい作業です。
そんな遺品整理は、どのタイミングで行うことがベストなのでしょうか。

今日は、「遺品整理を依頼するタイミング」について書いてみます。

遺品整理までに済ませておきたい手続きに関しては、こちらの記事をご覧ください。

あわせて読みたい
遺品整理までにしておく手続き
遺品整理までにしておく手続きこんにちは。奈良を拠点とする不用品回収・遺品整理の関西エコミラクルです。今日は「遺品整理までにしておく手続き」について書いてみます。【遺品整理までにしておく...
目次

場合によって遺品整理を行うタイミングは異なる

一口に遺品整理と言っても、場合によって「急ぐ必要がある場合」と「急ぐ必要がない場合」があります。
それぞれ具体的に事例を見ていきましょう。

遺品整理を急いだ方が良いケース

  • 賃貸物件に住んでいた家族が亡くなった場合
  • 故人の暮らしていた場所と家族の住んでいる場所が遠い場合
  • 四十九日までに整理して故人に報告したい場合

賃貸物件に故人が一人で暮らしていた場合は、契約上の都合で物件の明け渡し期間が定められているケースがあります。
さらに賃貸の場合は家賃が発生してしまうため、早急に遺品整理をおこなう必要があるでしょう。

一旦、引っ越し業者等に荷物を移動してもらうことも可能です。
しかし賃貸の場合は、遺品整理や不用品回収を同時におこなう方が効率的には良いかもしれません。

また、故人が暮らしていた場所が遠方の場合は、何度も出向くことが難しいでしょう。
負担を減らすためにも、業者の大きなトラックで一度に遺品整理を済ませてしまうことをおすすめします。

四十九日までに遺品整理をおこなうかどうかは、地方や宗派によって異なります。
あくまでひとつの目安としてお考えください。

遺品整理を急がなくても良いケース

  • 一周忌、三回忌、七回忌など、遺族が集まる法要などで話し合ってから整理する場合
  • 故人との思い出にしっかりと気持ちの整理をつけてから整理する場合

人が亡くなるとさまざまな手続きが必要になるため、葬儀直後から2週間程度まではバタバタすることが多くなります。
ほとんどの方はお仕事などがあると思いますので、法要など遺族が集まる時期に遺品について話し合って整理されるケースも多いです。

また遺品に故人との思い出があり、気持ちの整理がすぐにつかない場合は、ゆっくりと気持ちが落ち着いてから遺品整理を始めても構いません。

遺品整理に最適なタイミングは?

上記を踏まえて、急ぐケースと急ぐ必要がないケースがあると思いますが、遺品整理をおこなう目安になるタイミングは・・・

  • 葬儀が終わった後、遠方の親族が集まっている時
  • 公営住宅の場合には、14日以内に
  • 亡くなられた日によっては月末か翌月末までに
  • 四十九日を迎えた後
  • 最小限のことを済ませて、残りは気持ちの整理がついてから

故人が暮らしていた環境や親族の距離などによって異なりますが、上記はひとつの目安になるタイミングです。
遺品整理でお困りの方は、遺品整理士の資格を持つ関西エコミラクルにお気軽にお問い合わせください。

この記事を書いた人

関西エコミラクル 不用品回収・遺品整理・清掃

地域密着・奈良県で不用品回収や遺品整理などをおこなう10年目の会社です。軽トラ積み放題プランや、パワーゲート搭載車による大型不用品の回収もお任せください。

目次
閉じる